風俗嬢などの水商売女性に恋してはいけない理由とは?

風俗嬢はソープやヘルス店などの風俗店で風俗サービスを提供する女の子のことですが、男性は風俗嬢でも女性として見た場合、恋愛の対象とすることもあります。
自由恋愛として考えると、風俗嬢であっても女性に変わりはないため付き合ったり、恋愛をしたりすることも可能ですが、恋愛をする上ではそれなりの覚悟を必要とするケースも多いです。

ただ風俗嬢などの水商売の女性に恋をすることは、男性にとって幸せになるかというと難しいというのが実際のところとなります。
例えば水商売は、浮き沈みが激しいため、長くその仕事に従事することができない点もあり、どうしても風俗嬢は男性をお客さんと割り切って性的なサービスを展開しているのがほとんどです。
つまり男性を恋愛の対象と見ることはなく、そういった点からも価値観の相違が生まれやすいのがほとんどとなります。
平たく言えば、男性を金づるとしか、意識していない女の子も多いです。

大抵は恋する男性の場合、一時的な気の迷いから恋をしてしまうことも多く、いずれ風俗嬢の価値観の違いや人間性などの理由で幸せになれない可能性も高いことが多いです。
それと恋すれば恋するほど、女の子側の経験人数が問題視されていくこともあり、なかなか豊富な経験人数を受け入れにくい実態も生じてきたりします。

また水商売に従事する風俗嬢の中には、人間性に問題がある方もいたり、性格がそれほど良くない方も居たりします。
実際に水商売で働くきっかけとなったのが、男性に裏切られたりして借金を背負って止むに止まれなくだったりです。
過去に男性に騙された経験があったことで、性格や人間性を悪くしているケースも見られます。
一方、性風俗店で働いている経験上、セックスに対して経験人数も豊富なことでテクニシャンであるケースもあります。

男性が勘違いしやすいのは、セックスの相性が良いことはそのまま幸せに繋がることが多いと考えてしまうことです。
特に奥手の男性の場合だとセックスの経験自体が少ないことで、一度、満足の行ったセックスを行うとそれがそのまま恋愛の対象にまで発展しがちになります。
もっとも男性の幸せを考えた場合、価値観が一致していること、そして人間性があり性格の相性が良いことが条件となります。

もし一時的な気の迷いではなく、風俗嬢と真剣に恋愛をしたいケースでは、覚悟を決めて付き合うことが必要です。
将来的にも価値観や性格の相性が悪くなってしまうことを想定しながら、それでも付き合える寛容力を必要とすることは言うまでもありません。